INTERIOR STYLING

BEAMS IKEBUKURO

RETAIL / Ikebukuro Tokyo, 2011

This Beams shop directly abuts a major train and subway station. As a result the customers span a wide range of age groups and the items offered by the store range from casual wear to office wear and diverse accessories. In order to neatly organize the many items offered at this store, Jamo came to call this a "unit" project and began from the starting point of developing display fixtures. Here the "unit" becomes a large independent box-shaped fixture to which are added various concepts with the aim of creating seamless customer service. In the exterior part of the "box" Jamo created a space for signage and displays as well as a system where shelves and hangers can be attached in order to display product. Fitting room and storeroom functions are assigned to the interior part of the "box".

BEAMS池袋-01.jpgBEAMS池袋-02.jpgBEAMS池袋-03.jpgBEAMS池袋-04.jpgBEAMS池袋-05.jpgBEAMSikebukuro10.jpg

 
 
 
 

駅に隣接する場所柄、訪れる年齢層が幅広く、カジュアルなアイテムからオフィスウェア、アクセサリー類など幅広いアイテムを揃える。数多くのアイテムを整理するために、このプロジェクトはまず「ユニット」と呼ばれる造作什器の開発からはじめた。「ユニット」は独立した大きな箱型の什器であり、スムースな接客を目的に様々な工夫を取り入れた。外側には、サインとディスプレイスペース、商品陳列のための棚板やハンガーを取付可能なシステムを用意し、箱の内側にはフィッティングやストックのためのスペースを設けた。実際の店舗においても、6mを超えるスケルトン天井と、45mあるモルタル床を持つダイナミックな空間に、高さやサイズが緻密に計算されたそれぞれのユニットをリズミカルに配置。意匠感はコーナー毎に変えて、この店舗でもやはり各セクションの持つ世界観を表現した。システマチックな堅苦しさを感じさせず、機能を追求した。常に業界をリードし続け、アパレル販売を熟知した、BEAMSが提案する新しいショップの形態となったであろう。

BEAMS池袋-01.jpgBEAMS池袋-02.jpgBEAMS池袋-03.jpgBEAMS池袋-04.jpgBEAMS池袋-05.jpgBEAMSikebukuro10.jpg